教会について

宮古教会開拓の背景

 2011年の東日本大震災直後から、盛岡聖書バプテスト教会は宮古市を含む岩手県沿岸での支援活動を続けてきました。2011年3月中には、国内外の諸団体・諸教会が連携して支援活動を行うために3.11いわて教会ネットワークが立ち上げられ、県内の諸教会との協力の下で支援活動が拡大していきました。国内外からのボランティアや長期スタッフを迎えていく中で、ポーター・キャサリン宣教師が2012年からスタッフとして活動を開始し、宮古市を拠点とした支援活動を続けてきました。2016年、宮古市内での仮設住宅の閉鎖が進む中で、これまでの支援活動から教会としての活動へと移行していく思いがキャサリン師に与えられ、盛岡聖書バプテスト教会の中で祈りが積まれ始めました。有志による開拓準備会を中心に現地視察や話し合いが重ねられ、2018年には正式に宮古開拓委員会を設置して宮古市での教会開拓が開始されました。また、2013年より盛岡聖書バプテスト教会の協力宣教師として働きを担ってきたロビソン宣教師夫妻が、開拓チームのメンバーとしての召しを受けて2018年11月に宮古市に移り住み、現地チームと盛岡聖書バプテスト教会との連携のもと、宮古市での教会開拓が続けられています。

アクセス

宮古駅から徒歩15分ほどの所にある山口団地近くの宣教師自宅にて、毎週日曜日の午前10時半から12時まで、礼拝のために集っています。岩手県北バス宮園・田代線「田の神」バス停より徒歩2分。

個人宅であることから住所を公開していませんので、教会を訪れたいという方は、当サイトの問い合わせページから、またはmiyakomegumichurch@gmail.com までお気軽にご連絡ください。場所の詳細をお伝えします。

※駐車場は数台ございますが、お車でいらっしゃる場合は事前にご連絡をいただくとスムーズです。

スタッフ

ロビソン・デイビッド

宣教師・開拓現地チーム

1981年米国カリフォルニア州生まれ。マスターズ大学卒業。主専攻はシステムマネジメント、副専攻は聖書学。在学中に大学主催の宣教旅行で初来日。大学卒業後、キリスト教NPOキャンパスクルセード内のジーザス・フィルム・プロジェクトで、システムエンジニアとして10年間勤務。その間に宣教旅行で何度も日本を訪れ、2007年に日本へのフルタイムの宣教師として宣教団に加入。東日本大震災をきっかけに岩手県への思いが与えられ、2013年盛岡へ移住。盛岡聖書バプテスト教会の協力宣教師としての奉仕を経て、2017年に同教会の宮古教会開拓現地チームとして派遣される。趣味は写真とスノーボード。

ロビソン遠望(とも)

宣教師・開拓現地チーム

1986年生れ、東京都出身。2009年から米国で過ごしたのち、2013年に夫と第一子と共に盛岡に移り住み、宣教団体JEMSの宣教師として盛岡聖書バプテスト教会で奉仕しました。盛岡在住中に第二子・第三子を出産、現在は小学生と幼稚園児の3人の母です。2018年秋に宮古教会開拓現地チームの一員として宮古市に移住し、海・川・山が全部そろう宮古の素晴らしさに日々感動しています。