メッセージ

  • »
  • メッセージ
見よ、あなたの王がろばの子に乗っておいでになる
箇所:ヨハネによる福音書12:15
2020年
04月 5日
ロビソン・デイヴィッド

先週私は、コロナウイルスのニュースばかり見ていました。皆さんも同じかもしれません。世界中で多くの人が苦しんでいます。イタリアやスペインでは病院があふれて、多くの人が死んでしまいました。また最近イギリスでは、家から出かけないようにという厳しい命令が出て、ロックダウンになってしまいました。アメリカでも、少なくとも4月の終わりまでロックダウンが続く予定です。先週のアメリカ政府の発表によれば、そのような厳しい感染拡大防止策をやっているのにも関わらず、アメリカだけで10万人から20万人が亡くなると予想されています。世界中では何百万人が犠牲になるかもしれません。とても恐ろしい状況だと思います。

 また、世界の多くの人が、ウイルスからの病気や死亡だけではなく、失業や経済的不安など、感染防止策による経済への影響についても大きな不安を感じています。

 感謝なことに、日本は今のところそのような深刻な状況に陥ってはいませんが、日本の政府の報告によると、日本も、感染爆発寸前のとても危ない状況だということです。

 この前例のない混乱の中で、世界中のクリスチャンがイースターのお祝いに向かっています。来週私たちは、世界のクリスチャンと共に、イエス様の死に対する勝利と永遠の命の希望を覚えて、お祝いします。私たちは苦しみの中にあっても、キリストにある信仰や、永遠の命の約束を覚えて、失われることのない天にある宝に望みを置いています。私たちは失業や病気、死を通るとしても、イエス様への信仰を通してよみがえらせられて、神の国に入る希望を持っています。

もっと読む
新しいクリスチャンを励ますアドバイス
箇所:使徒の働き11
2020年
03月15日
ロビソン・デイヴィッド

 新しいクリスチャンを励ますためにアドバイスをするとしたら、何と言うでしょうか。毎日聖書を読むことや、毎日祈ることでしょうか。毎週日曜に礼拝に行くことかもしれません。または、誘惑を避けて、イエス様の教えを守ることもいいアドバイスかもしれません。色んなことがあります。
 今日は、バルナバがアンティオキアの教会の新しいクリスチャン達をどのように励ましたのかを見ます。バルナバのアドバイスは使徒の働き11:23に書いてありました。それは心を堅く保って、いつも主にとどまっている、ということでした。今日はそれがどういう意味なのかを考えてみたいと思います。

もっと読む
神がきよめた物を聖くないと言ってはならない
箇所:使徒の働き10:1-30
2020年
02月 9日
ロビソン・デイヴィッド

 今日の箇所は、使徒の働きの物語のターニングポイントとなる箇所です。ここまでの時点で、福音はエルサレム、ユダヤ、ガリラヤに住んでいるユダヤ人にまで広がっていました。またピリポの働きを通して、サマリア人も福音を受け入れ始めていました。しかし使徒の働きの最初の部分では、イエス様はもっと大きなご計画を明らかにしておられます。

もっと読む
喜んで、すべてを損と思っている
箇所:使徒の働き9:19-31
2020年
01月26日
ロビソン・デイヴィッド

 前回の説教で、神様が使徒パウロをどのように救われたかを見ました。使徒パウロつまりサウロは、神様の恵みのみによって救われました。サウロは罪びとの頭で、教会を迫害していた人ですが、イエス様はサウロを裁くのではなく、むしろサウロにご自分を表してくださり、サウロをご自分の大使として任命されました。  そのことは、サウロの人生に革命的な変化をもたらしました。サウロは、復活の栄光のイエス様を見て、それまで自分が信じていたことがすべて間違っていたことに気づきました。イエス様が本当に復活された救い主であって、王の王、主の主であると気づいたサウロは、それまでの人生のすべての選択を再評価することを余儀なくされたのです。しかしイエス様に従うためには、犠牲を払わなければなりませんでした。

もっと読む