メッセージ

  • »
  • メッセージ
恵みの意味
箇所:使徒の働き9:1-18
2020年
01月12日
ロビソン・デイヴィッド

 聖書に出てくる人物の中で一番好きな人は誰ですかと聞かれたら、私の返事はもちろんイエス様です。二番目に好きな人物は、と聞かれたら、今日の箇所の主役である使徒パウロと答えます。使徒パウロのもう一つの名前はサウロでした。サウロは彼のヘブル語の名前で、パウロはラテン語の呼び方です。ユダヤ人にはサウロと呼ばれ、異邦人にはパウロと呼ばれていました。

もっと読む
人はどうやって救いに導かれるのか
箇所:使徒の働き8:26-40
2019年
12月29日
ロビソン・デイヴィッド

今日は「人はどうやって救いに導かれるのか」ということを考えてみたいと思います。別の言い方をすると、何が人をクリスチャンにならせるのか、ということです。それはとても大事な質問ですね。私たちには皆、キリストから離れているために、罪によって霊的に死んでいる状態の親戚や友人がいると思います。その人たちはキリストを受け入れなければ、神様の恐ろしい裁きに向かっています。私たちはその人たちが救いを受けることを望んでいますので、人がどうやって救いに導かれるのかを学ぶことは大事なことだと思います。

もっと読む
2019クリスマス礼拝
箇所:ルカの福音書2:8-14
2019年
12月22日
ロビソン・デイヴィッド

私が初めて12月に日本に訪ねて来た時びっくりしたことは、日本人のクリスマスの祝い方でした。最初は、日本のクリスマスはアメリカのクリスマスと似ているなと思いました。お店にクリスマスの飾りがいっぱいあったし、どこに行っても、クリスマスツリーや雪だるまやサンタクロースがありました。

もっと読む
救いをもたらす真実の信仰
箇所:使徒の働き8:1-25
2019年
11月24日
ロビソン・デイヴィッド

 先週、教会開拓についてのカンファレンスにa出席してきました。CPI(Church Planting Institute)という団体が主催したもので、静岡で日本人の牧師や働き人と宣教師たちが集まって、どうやって日本で教会開拓をするのかを学びました。とても良いカンファレンスで、日本で働いているたくさんの働き人との交わりにとても励まされました。参加していた人の多くは、日本での教会開拓に対する興味だけではなくて、神様が教会開拓の働きを通して多くの日本人を救ってくださるという希望を持っていました。

もっと読む
神殿はイエス様を指し示していた
箇所:使徒の働き7:44-60
2019年
11月 3日
ロビソン・デイヴィッド

今日はステパノの最高法院での弁明を見てきたシリーズの最終回です。前回と前々回は、約束の地とモーセの律法に対するユダヤ人の誤解をステパノが指摘した箇所から学びました。今日はステパノの弁明の最後の部分から、ユダヤ人が神殿に対してどのような誤解をしていたのかについて学びたいと思います。

もっと読む