メッセージ

  • »
  • メッセージ
神様が人間の心を開いてくださる
箇所:使徒の働き16:11-15
2020年
09月27日
ロビソン・デイヴィッド

この世界を見わたすと、多くの人が色々な問題を抱えています。私たちの中にも、また周りにも、うつ病や不安や孤独を経験している人がいるかもしれません。そのような人は、人生の深い問いを心に抱えているのではないでしょうか。なぜ私は存在しているのか、私が生きている意味は何か、なぜ幸せでないのか。

もっと読む
キリスト教のタブーって?
箇所:マルコによる福音書7:18-23
2020年
09月20日
ロビソン・デイヴィッド

日本に来たばかりの頃、興味深かったのは日本のタブーを学ぶことでした。例えば、初めて日本に来た時、箸の使い方がよく分かりませんでした。ある時、日本人の友達と食事をしていた時、箸を置きたかったんですが、どこに置いたらいいのか分からなかったので、ご飯に突き刺してしまいました。すると日本人の友達が突然あせって、「それは絶対ダメだよ」と教えてくれました。

もっと読む
神様の導き方
箇所:使徒の働き16:1-10
2020年
09月 6日
ロビソン・デイヴィッド

2003年に、私は東京にあった妻の母教会で、夏の間英語を教えるために初めて日本に来ました。その経験を通して、日本のクリスチャン人口がとても少なくて、教会の働き人も少ないことを初めて知りました。しかしその短期宣教旅行の後、日本に戻る予定はありませんでした。

もっと読む
死んだあと何があるのか
箇所:ヨハネの福音書6:40
2020年
08月 9日
ロビソン・デイヴィッド

日本中で多くの人がお盆をお祝いします。私はアメリカで育ったので、お盆についてはまだ分からないこともあります。しかし、日本人がお盆をお祝いするのをみると、日本人は本当に家族を大事にする人達なんだな、と思います。多くの日本人が、両親や、おじいさん、おばあさんを訪ねるために故郷に戻って、家族と一緒に時間を過ごします。

もっと読む
不一致の中にも 働かれる主
箇所:使徒の働き15章36~41節
2020年
08月 2日
ロビソン・デイヴィッド

クリスチャン同士で意見の違いがあると、とてもつらいことになることがあります。不一致によって教会が分裂したり、傷つけあうこともあります。私たちはみな色々な意見や経験を持っているので、意見の相違は避けられないことです。しかし、クリスチャンは深刻な意見の相違に直面した時、何をすべきなのでしょうか。

もっと読む