カテゴリー

  • »
  • カテゴリー
なぜ神は人間を作ったのか
箇所:創世記1:26-28
2019年
01月27日
ロビソン・デイヴィッド

 今日学びたいことはどうして神様が人間を作ったのかということです。つまり人間の目的はなんですかという質問に答えてみたいと思っています。これは人生の中のとても大事な質問だと思います。 新しい仕事が始まる時を想像してみてください。はじめてしょくばに行ったら、上司が仕事の目的を説明しなくて、はい、仕事してくださいと言っただけとしたら、どうしますか。朝から夜まで、職場を回ってできることを探しますが、上司が満足しているかどうか全然分かりません。これから首になるのか、昇進するのかも分かりません。それは大変な状況でしょう。とてもストレスが出る状況だと思います。

もっと読む
罪の問題
箇所:創世記2:15-17、3:1-8
2019年
02月 3日
ロビソン・デイヴィッド

先週、どうして神様が人間を創造されたのか、また、人間の目的は何なのか、ということを考えました。人間は、神様の栄光をあらわして、神様と深い関係を持つために創造されたと学びました。しかしこの世界を見ると、人間はその目的を果たしていないとすぐにわかります。多くの人は神様の栄光に対して全然興味がなくて、神様との関係を持とうとしません。世界は、神様の栄光にも、神様との関係を持って喜んでいる人にも満ちていません。むしろ、世界は苦しみや、戦いや、悲しみに満ちています。今日のテーマはとても耳が痛いことなんですが、私たちがどれほど神様の許しが必要な存在なのか、また神様の愛がどんなに素晴らしいのかが分かるためには、自分の罪をしっかり理解する必要があります。

もっと読む
恵みのゆえに、信仰によって、良い行いをするのために、救われた
箇所:エペソ人への手紙2:1-10
2019年
02月10日
ロビソン・デイヴィッド

先週は罪の問題についてみました。そこから学んだことは、アダムとエバが最初の罪を犯した時から、完全に罪のない生活をした人間は一人もいないということでした。人間の心は汚れていて、たとえ小さい罪であっても、それは心の中で神様を信頼していないことや、愛していないことの表れです。ですから、神様は罪を犯した人間は必ず死んで、体の死だけではなくて、たましいも滅びることになると言いました。

もっと読む
御霊のはたらき
箇所:使徒の働き1:4-11
2019年
02月17日
ロビソン・デイヴィッド

先週、神様の素晴らしい恵みについて、また、どうやって私たちが救われたのかについて学びました。それは、罪びとである人間が神様を拒み、神様の愛に値しなかったのにも関わらず、神様が恵みによって私たちを救ってくださったということでした。神様は自分の愛する子であるイエス様を私たちの代わりに死ぬためにこの世界に送り、その犠牲を通して、私たちの罪を赦してくださいました。また、神様が私たちを救ってくださったのは、神様があらかじめ備えた良い行いをするためであることも学びました。つまり神様には、私たちを救うことに、とても具体的な理由があったんです。今日考えたいことは、では私たちが救われた目的は何かということです。私たちは救われた後、何をするべきなのでしょうか。どのように神様がクリスチャンに与えておられる目的を達成できるのでしょうか。このことを理解するためにイエス様の最初の弟子について学びたいと思います。

もっと読む
アスリートのような考え方
箇所:コリント人への手紙第一9:19-27
2019年
02月24日
ロビソン・デイヴィッド

先週の説教の最後に、クリスチャンの人生は山登りのようだといいましたが、今日はまた違う視点から、クリスチャンの人生がどのように競技に参加するアスリートの生活に似ているのか、コリント人への手紙第一 9:19-27から学んでいきたいと思います。

もっと読む
普遍的教会
箇所:エペソ人への手紙 4:4-6
2019年
03月17日
ロビソン・デイヴィッド

今日と次回の2回で「教会」ということをテーマにシリーズで学びたいと思っています。一緒に新しい教会になろうとしている私たちにとって、必要な学びだと思います。私たちはここで新しい教会となることを願っていますが、教会とはそもそも一体なんなのかと、ということを考えていきましょう。

もっと読む
あなたがたはキリストの体である
箇所:1コリント12:12-27
2019年
03月31日
ロビソン・デイヴィッド

二週間前の説教で、エペソ人への手紙の中に出てくる、普遍的教会を表す三つのたとえについて学びました。一 つは、教会は聖なる宮であるということでした。つまり、神様がキリストと神様のみ言葉の上に、私たちを互いに新しい宮として組み合わせて、神様が私たち教会の中に住むようになります。二つ目は、教会はキリストの体である、ということでした。つまり、体の部分一つ一つが成長するように、私たちもキリストの体の部分として、成長しています。三つ目は、教会はキリストの花嫁である、ということです。それはキリストが教会を深く愛して、教会のために自分の命を犠牲にしてくださったこと、また、私たちがキリストの花嫁として、キリストに従うことを教えています。

もっと読む
この命の言葉をすべて語りなさい
箇所:使徒の働き5:12-42
2019年
08月25日
ロビソン・デイヴィッド

今日のテーマは伝道です。実は、今日このテーマについて話すことはあまり気がすすみませんでした。これまでの使徒の働きの説教シリーズの中でこのテーマは何度も出てきていますので、このテーマでばかり語ると、皆さんにプレッシャーを感じさせるかもしれないと思いました。でも本当の理由は、私自身もこのテーマについて考える時、少し後ろめたさを感じるからかもしれません。私はもっと伝道しなければならないと思うからです。

もっと読む
イースター:死んだあとどうなるのか
箇所:1コリント人への手紙15:1-21
2020年
04月12日
ロビソン・デイヴィッド

 人生で一番大切な質問は、死んだあとどうなるのかという質問かもしれません。死に対する考え方は、今の人生をどう生きるかに大きく影響するからです。  多くの人は、死後の世界など存在しないと考えます。それが正しいとすれば、良いことをしても何か報酬があるわけではないし、悪いことをしても罰があるわけでもないので、自分がしたいことだけをするべきだと考える人もいます。  また、人は死ぬと生まれ変わると考える人もいます。そういう人は、もし今の人生で良い行いをすれば、次の人生で立場が高くなるかもしれないので、一生懸命に良いことをしようとします。

もっと読む
死んだあと何があるのか
箇所:ヨハネの福音書6:40
2020年
08月 9日
ロビソン・デイヴィッド

日本中で多くの人がお盆をお祝いします。私はアメリカで育ったので、お盆についてはまだ分からないこともあります。しかし、日本人がお盆をお祝いするのをみると、日本人は本当に家族を大事にする人達なんだな、と思います。多くの日本人が、両親や、おじいさん、おばあさんを訪ねるために故郷に戻って、家族と一緒に時間を過ごします。

もっと読む
キリスト教のタブーって?
箇所:マルコによる福音書7:18-23
2020年
09月20日
ロビソン・デイヴィッド

日本に来たばかりの頃、興味深かったのは日本のタブーを学ぶことでした。例えば、初めて日本に来た時、箸の使い方がよく分かりませんでした。ある時、日本人の友達と食事をしていた時、箸を置きたかったんですが、どこに置いたらいいのか分からなかったので、ご飯に突き刺してしまいました。すると日本人の友達が突然あせって、「それは絶対ダメだよ」と教えてくれました。

もっと読む
カトリックとプロテスタントの違い
箇所:ローマ人への手紙3章28節
2020年
10月18日
ロビソン・デイヴィッド

10月31日は宗教改革記念日です。私たちもプロテスタント教会なので、世界中の他のプロテスタントのクリスチャンと共にお祝いします。宗教改革は、プロテスタントのクリスチャンがカトリック教会から出て聖書の真実に戻ったという、キリスト教の歴史の中でとても重要な運動でした。

もっと読む
キリスト教と科学
箇所:詩編19:1-2
2020年
11月22日
ロビソン・デイヴィッド

宗教と科学は、互いに対立していると考える人がいるかもしれません。たとえば、宗教的な人がこの世界を見ると、確かに、神様がこのすべてを創造されたと考えますが、無宗教で科学を信じている人は、世界は神様なしで、自然な成り行きで存在するようになったと考えるかもしれません。また、宗教を信じていない人が病気になると、医者や薬だけに頼るかもしれませんが、信仰のある人は、薬を飲むだけではなくて、神様に祈ったりもするでしょう。

もっと読む
悲しみを喜びに
箇所:ルカの福音書1:5-25
2020年
12月 6日
ロビソン・デイヴィッド

今日はアドベントの二週目です。アドベントがイエス様の誕生をお祝いする準備時間だということは、みなさん知っていると思います。アドベントは、ラテン語で「来る」という意味の「アドベンタス」という言葉から来ていて、イエス様が来ることを待ち望む期間です。そしてアドベントには、イエス様の誕生を待ち望むだけではなくて、イエス様がもう一度この世に来られることを待ち望むという意味もあります。私たちはこの季節に、イエス様がこの世にお生まれになってくださったことを覚えるだけでなく、イエス様が将来また来られることにも思いを向けたいと思います。

もっと読む
神を恐れる者
箇所:ルカの福音書1:26-56
2020年
12月13日
ロビソン・デイヴィッド

今日はアドベントの三週目です。私たちはアドベントの期間を通して、イエス様が来られる時を待ち望んでいます。クリスマスにイエス様の誕生をお祝いすることだけではなくて、イエス様が将来この世に戻られることも待ち望んでいます。

もっと読む
クリスマスの喜び
箇所:ルカの福音書2章1-20節
2020年
12月20日
ロビソン・デイヴィッド

 クリスマスは喜びの季節とよく言われます。私は子どものころ一年で一番好きな日はクリスマスでした。クリスマスにはたくさんのプレゼントをもらったからです。クリスマスの前の夜は、眠れないぐらい楽しみでした。翌朝5時ぐらいに両親を起こして、クリスマスツリーの所に走って行ってプレセントを開けることもよくありました。

もっと読む
主の晩餐を行うことの意義
箇所:ルカによる福音書22章14-20節
2020年
12月27日
ロビソン・デイヴィッド

今日から私たちは教会として、主の晩餐を定期的に行い始めます。主の晩餐はキリストが定められ、教会に与えられた聖餐です。キリストは弟子たちに、主の晩餐を定期的に行うように命令されました。私たちは主の晩餐をいただく時、イエス様の私たちのための犠牲と、その犠牲を通して与えられた罪の赦しを覚えます。また主の晩餐は、私たちのキリストの体としての一致も象徴しています。また、私たちの目を未来に向けて、キリストがこの世に戻られて永遠の御国を確立する時に、キリストと永遠にいることを待ち望むために行うものでもあります。

もっと読む
どうやって聖書を読み始めたらいいか
箇所:詩編19:7-11
2021年
01月17日
ロビソン・デイヴィッド

 聖書は、世界中で一番有名で、影響力のある本の一つです。多くの歴史家にとっては、とても貴重な古代史の記録でもあります。聖書を開くと、魅力的な物語や、美しい詩や、深い哲学的論文を読むことができます。何十億もの人々にとって、聖書は神様からの啓示であり、神様が、ご自分が創造された人間に対して、ご自分がどのようなお方で、人間がどのように生きていくべきなのかを表された、大変貴重な文書です。

もっと読む
ユダヤ教とキリスト教
箇所:イザヤ書49:6
2021年
02月21日
ロビソン・デイヴィッド

世界の人口の半分ぐらいが、実は同じ神を礼拝していると知っているでしょうか。ユダヤ教とイスラム教とキリスト教の信者をすべて合わせると40億人になりますが、それらはすべて、4000年前にアブラハムという人物に現われた神を礼拝する人々です。ユダヤ教、イスラム教、キリスト教は、互いに敵対しているように見えますが、実は多くの共通点があります。たとえば、この三つの宗教はすべて、唯一の神がすべてを創造したこと、昔アブラハムにご自分を現わされたこと、アブラハムとその子孫に祝福を約束されたこと、神様と正しく歩むことができるように、預言者たちを通して教えを授けてくださったことを信じています。しかし、この三つの宗教の間には、多くの違いもあります。例えば、誰がアブラハムの子孫なのか、どの預言者が正しく神様の教えを伝えたか、というようなとても重要な質問に対して、三者は異なる信仰を持っています。

もっと読む
イエス・キリストは神?人?それとも預言者?
箇所:ヨハネの福音書1:14
2021年
03月21日
ロビソン・デイヴィッド

歴史の中で、知恵と影響力のある宗教指導者が何人もいました。悟りを開き、人生の一番深い真実を理解するようになったと主張した、釈迦のような宗教指導者がいました。神から特別にメッセージを受けたと主張して、他の人にそのメッセージを伝えた、ムハンマドのような宗教指導者もいました。また、様々な時代と地域で、神が人間の形になって、人の目の前に現われたという伝説もたくさんあります。

もっと読む
復活の信仰
箇所:ヨハネの福音書20章24~31節
2021年
04月 4日
ロビソン・デイヴィッド

信仰とは何でしょうか?信仰というと、ほとんどの場合、宗教と関係があると思われています。信仰を持っている人は、科学的に証明も反証もできない宗教的な信念を持っている、というイメージかもしれません。しかし実は、聖書の中で使われている「信仰」という言葉には、「信頼」「信念」「確信」という意味も含まれています。へブル人への手紙11章1節には、「信仰は、望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させるものです。」と書かれています。

もっと読む
なぜ良い人に悪いことが起こるの?
箇所:イザヤ書45章5-7節
2021年
05月16日
ロビソン・デイヴィッド

なぜ良い人に悪いことが起こるのか?これはおそらく最も難しい質問の1つですが、この世界では、このようなことが頻繁に起こります。若い人が病気になって死んでしまうのはなぜか?なぜお年寄りをだまして生活費を盗む人がいるのか?なぜ災害によって罪もない人の命がうばわれるのか?宗教家も哲学者も、昔からこのような疑問に悩まされてきました。なぜ良い人に悪いことが起きるのでしょうか?

もっと読む